« 深紅 | トップページ | 銀座 »

2008年11月15日 (土)

襟替

今回はpenが書かせて頂きます



京都にやってきました…が、夕方までかなり時間があるので、良く行く鞍馬温泉にやってきました。行きは駅から無料送迎バスで送ってもらいました。 温泉はいつも空いているのですが、この日は混んでいました。

20081114024

帰りはのんびり歩いて駅まで。途中で犬がいたのでしばらく戯れました。

20081114035

祇園に戻り、「祇園きなな」へ。アイスクリーム屋さんです。写真は「できたてきなな」。いつものきなこ味ではなくよもぎ味でしたが大変美味でした

20081114040

5時までまだ時間があります。八坂神社へぶらぶらと。ようやく工事が終わっていました。

20081114044

5時前に目的の場所へ。今回の最大の目的、祇園甲部の舞妓さん、佳つ文さんに会う為です。佳つ文さんは、11/15をもって舞妓さん終了です。舞妓さんが芸妓さんになる事を襟替えと言います。

デビュー直後から何度もお会いしていたので、舞妓さん最後の姿をどうしても拝見したいと思い来てしまいました。私と同郷ということで、ローカルネタでいつも盛り上がっていました。

※佳つ文さんの写真にはロゴを入れさせて頂きます。(掲載許可は頂いております)




いつも可愛い笑顔を見せてくれます。以前、舞妓さんたちのドキュメント番組が放送されたときにも出演していました。

20081114056

舞妓さんとしての最後の髪型、先笄(さっこう)という髪型です。江戸時代の若奥様の髪型だとか…見にくいですが簪はおめでたい鶴と宝船です。逆側は大変高価な鼈甲のかんざし。

20081114059

この時だけお歯黒にします。蝋でできているそうで、ざらざらしているのでとっても歯触りが気になると言っていました。

20081114089

舞の時は表情が一転して、真剣そのものです。ご本人も「普段と舞の時と別人」とよく言われるそうです(^^)

20081114115

黒の紋付きは一層美しさを引き立てます。

20081114129

舞っていただいているのは「黒髪」という大変難しい舞です。襟替え間近の舞妓さんと芸妓さんしか舞うことができません。

20081114147

なかなか見ることができない舞を見られて、感動です(ノД`)

20081114205

お酒のCMみたいですね~

20081114168

楽しかった時間もあっという間、とうとうお別れの…最後の一枚です。次回お目にかかれる時は芸妓さん姿です。4年間お疲れ様でした~。そしてこれからも芸妓さんとしてがんばってください(^^)y

20081114189

ボディ:EOS 40D、EOS KISS X2

レンズ:EF 70-200mm F2.8L IS、EF 24-105mm F4L IS、EF 35mm F2

スピードライト:580EX、420EX



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

|

« 深紅 | トップページ | 銀座 »

京都」カテゴリの記事

コメント

penさん,kenさんおはようございます!

京都の近くにお住まいなんですねー。
今、一番いい時期じゃあないですか!!
うらやましいです。

舞妓さん着物も髪飾りも素敵ですね。
生で近くで見たらもっと綺麗なんだろうなー。
その世界の事はまったくと言ってイイほど
無知ですが昇格(?)するごとに名前が
変わっていくんですね。日本の伝統事って
奥深いです。


投稿: のっぽ | 2008年11月16日 (日) 10時08分

襟替え・・・という言葉を初めて聞きました。
もっそい素敵な時間を過ごされているようで。
うらやましい限りです。特に、きなな!(あくまで食w

投稿: sanD | 2008年11月16日 (日) 14時26分

penさん,kenさんこんばんは。
私はいつもNHK連続テレビ小説「だんだん」を見てまして、
そこで登場する舞妓さんに興味があったんですが
実際に会えるとは羨ましいですね。~
それから下に載せられていた紅葉の写真綺麗ですね。
特に葉の落ちる瞬間を捉えてる絵が気に入りました。

投稿: COMET | 2008年11月16日 (日) 20時22分

♪のっぽさん、こんばんは。kenでございます。
実は住んでるのは神奈川で、あまりに何度も行ってるので、距離感が麻痺してます
実は、私はあまり深い部分は詳しくはなく、いつもカメラマンとして同行してます(´Д⊂
penは京都マニアでして京都検定とかいう資格を持ってるらしいです。

♪sanDさん、こんばんは。kenでございます。
京都に行くと、必ず甘い物を食べますね。
きなな(アイス)、徳屋(わらびもち)、祇園小石(甘味)……以下(ry
しかし、ご飯を食べるのは餃子の王将とか、なか卯とか、かっぱ寿司とか……決して高いところでは食べません(;´д`)

♪COMETさん、こんばんは。kenでございます。
「だんだん」ですが、この舞妓さん(佳つ文さん)が言ってましたが、本物の舞妓さんも出ているそうですね。
あの「落ちる瞬間」のような紅葉は、見えにくいですが本当は蜘蛛の糸で葉がぶら下がっているモノなのです
本当に落ちる瞬間を捉えられたら凄いんですが…
実は、結局再来週にもう一度行く事になりそうです。今度は紅葉メインです(゚∀゚)

投稿: ken | 2008年11月16日 (日) 20時58分

いや~羨ましい!実は、この直前、私は彼女に会っていました。このお座敷は「吉○た」さんですよね。私も佳つ文ちゃんの大ファンでして、舞妓最後の日に一目逢いたいと訪ねていった次第です。しかし…彼女の「黒髪」見たかった…!

投稿: 貴み彦 | 2008年11月19日 (水) 23時14分

貴み彦さん初めまして。
こちらはお茶屋さんではないんですよ。そのような人脈はないので…(^^)
「黒髪」自体は芸妓さんの舞なのでこれからも見れるかもしれませんが、舞妓さんとして黒紋付きで先笄姿では1度だけなので本当に感慨深かったです。
佳つ文さんの芸妓さん姿も楽しみですね!

投稿: pen | 2008年11月19日 (水) 23時55分

お返事ありがとうございます。あの日、5時前に「吉○た」の玄関まで見送ったので、てっきりあそこのお座敷かと思いました。まあ、どこでもとにかく佳つ文ちゃんの、先笄に黒紋付きでの「黒髪」は羨ましい限りです。私は、来年の「都をどり」まで佳つ文ちゃんは封印します。…と云いながら、ケイタイの待ち受けに、この画像いただいちゃいました。

投稿: 貴み彦 | 2008年11月21日 (金) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 襟替:

« 深紅 | トップページ | 銀座 »